買わせてください
野沢尚さんの「龍時」探してます。
安野モヨコさんの「ジェリービーンズ4巻」探してます。
売れて1週間以上たってるんだから、さっさと入荷しやがれこの野郎。
とお下品な表現をしてしまいましたが、この2冊とにかく先が気になっているのです。

野沢尚さんの「龍時」は先を読むのが怖い気がしなくもない。
リュウジのコトが好きになればなるほど、20年間最後まで
リュウジをピッチに送ってくれなかった野沢さんを恨んでしまいそうになるから。
これ以上何を書いても偽善のような気がするから今日はここでおしまい。
とりあえず、先が読みたい小説に久しぶりに出会ったというコトが幸せ。
それで、あたしは明日も生きて行ける。
[PR]
# by magrone | 2006-05-22 23:10 | 日常生活の感想文
二次元に恋をする
この年で恥ずかしいったらないんだけど、伊坂小説の某泥棒さんに恋をした(笑)
ギャングたちもそうだし泥棒さんも死神さんも
「今頃、なにしてはんねんろなぁ」と思ってしまうんだよ、実生活で(笑)
重症だ、精神が病んでいる(笑)

二次元の創造物に恋をするのはよくあることで、
特定の宗教は信じないんだけど(特に一神教はNG)
ラファエロのマリア様には、母性とか優しさが形をもって現れたらこんな姿やろうな、
って思うくらいベタ惚れしている。
粉屋の娘の肖像なんて「あぁ、あたしのプシュケちゃん!」って思うくらい好き。
でも、ラファエロを愛しているかといえばそれは全然違うんだよね(笑)
人間的にはカラヴァッジョやレオナルドのほうが謎めいていて面白い。。。

とりあえず、某泥棒さんより人間的に魅力のある方にお会いしたい今日この頃。
[PR]
# by magrone | 2006-05-15 18:30 | 日常生活の感想文
母の日とこどもの日
子供の日は子供の成長を祝うだけではない、
生んでくれた母に感謝する日でもある。
ということは5月5日を母子の日にすりゃぁいいじゃないか。
んでもって、盛り上がらないであろう父の日も合併して
いっそ親子の日にしてしまえ、と思わなくもない。
そして皆で親子丼ぶりでも食べて祝えばいいんだ。
親子丼ぶりの親子は絶対に他人だとおもうけれども。。。
というか、実の親の方を食べたくはない、絶対に。

ついでに言うなら、誕生日には「お母さん、生んでくれてありがとう。
そのまたずっと前に、父さん種付けしてくれてありがとう」と言うべし。
生まれてきただけのお前ばかりが祝われてどうする。
誕生日を祝うのはなぜだ?年を一つかさねるからか?
普通に生きてさえいれば何もしなくても自動的に増えるんだ。
というわけで誕生日も不毛だ。ケーキ屋とおもちゃ屋の陰謀だ。
ケーキ屋はもっと普段の日に食べたくなるようなケーキを作る努力をすべし。
おもちゃ屋は買わずにはいられないエンタメを創造すべし。
イベントにかこつけてしか遊べない親子やカップル、個人を創造するのは悪だ。
イベントはなくとも、親には感謝しろ、子供を慈しめ、恋人には精一杯の愛を注げ、個人は切磋琢磨せよ。

とか言いつつ、母の日には花を贈ってしまうバカがココに。。。
[PR]
# by magrone | 2006-05-14 15:11 | 日常生活の感想文
オムライス好き
オムライスが好きだ。
普通のケチャップのヤツ。
ブイヨンの半かけくらい入れて炊いたご飯を
タマネギとチキンと炒めてケチャップを絡める。
バターをたっぷりフライパンにひいて
溶いたタマゴを入れる。
たったコレだけ。なのに出来たモノを一口食べれば幸せ。
タマゴの加減にさえ気をつければ失敗はない。
タマネギとチキンとタマゴとご飯、
家にいつもある物で作れるのも素敵。
なんて素敵な食べ物だろう。
だからかな、最近外でオムライスを食べるのがもったいない気がするのは。
[PR]
# by magrone | 2006-05-06 00:49 | sweetなモノ
自殺サークルの人
大学時代に「自殺サークル」って映画が公開された。
アタシは、監督さんのかいた同名小説を読んだ。
園子温という、変換システム上イライラする名前の監督さん。
面白い小説だったな、今は実家の押し入れで眠っているから
読みたくても読めないけれど。。。。
その園子温さんが栗山千明ちゃんとホラー映画をとるんだってね。
黒長髪の美少女はホラーの必須アイテムやものね。
黒長髪の美少女ってばなんか浮世離れしているっていうか、
現実世界における非現実を具象化したものって気がするの。
美は侵してはならない神の領域であり、悪魔の領域。
だから惹かれるし、だから怖い。 
神に好まれるため美しくなり、悪魔に身を落とすのかしら?
自殺サークルでは、自殺をテーマに生を描いた園子温さん。
悪魔的な栗山千明ちゃん、どんな映画になるのかしら。
「オーディション」並みに後味の悪い映画を期待しましょう。
[PR]
# by magrone | 2006-05-03 19:15